大阪市淀川区作成のLGBTお悩みパネルが凄いことになってた

2016年11月15日に、ハフィントンポストが下記のニュースを配信しました。

性的少数者の支援事業を独自に進める大阪市淀川区が、当事者の困りごとや願いを関心の薄い人たちにも伝えようと、メッセージとイラストを合わせたパネルを作った。子どもにも親しみやすいデザインで、外から見えづらい思いを当事者に代わって届ける試みだ。
「僕には彼氏がいるけど、絶対に言えない」LGBTの悩み、大阪市淀川区がパネル作成(ハフィントンポスト)

大阪市淀川区のホームページによると、製作されたパネルはA1サイズで10種類。
大阪市内在住、在勤、在学の方を対象に「LGBTの方々が日常生活をする上で困ったこと」について、というテーマでの募集に、インターネットを通じて集まった43件のエピソードの中から10点が選ばれパネルになりました。

完成したパネルと、そのエピソードをご紹介します。

yodogawa_01

わたしは女の子
なんで学ランを着ないとあかんの?

自分の望む制服を選べたらいいのになぁ

10代 阿倍野区 トランスジェンダー

yodogawa_02

「女みたいな話し方やなー」ってからかわれた
僕は学校でひと言も話せなくなった

「そんなんアカンよ」って、誰かが言ってくれたら、少しは楽だったかも・・・

10代 浪速区 ゲイ

yodogawa_03

僕は性別欄の男女どちらにも丸をしなかった
なのに勝手に女に丸をされた

人の性別を勝手に決めないでほしい

20代 都島区 トランスジェンダー

yodogawa_04

「あの人、男?女?どっち?」
人の目が気になって、いつもトイレを我慢している

「誰でもトイレ」がもっとたくさんあればいいのにな

30代 福島区 トランスジェンダー

yodogawa_05

ボクの保険証の名前は「花子」
花子って呼ばれるのが嫌で、病院に行けません

フルネームで呼ぶのはやめてほしいな

20代 淀川区 トランスジェンダー

yodogawa_06

上司から「彼女はできたか?」と聞かれる
僕には彼氏がいるけど、絶対に言えないな

同性を好きになる人もいるということを知ってほしい

30代 中央区 ゲイ

yodogawa_07

私は彼女と一緒に住む部屋を探しに行った
どこも「同性同士はお断り」だった

恋愛や家族のカタチは色々あるってことが広まればいいなぁ

30代 東淀川区 レズビアン

yodogawa_08

私は彼女と結婚したくてもできない
将来の保障が何もなくて、不安

彼女と安心して暮らしていくために、何か制度ができればいいのに

40代 此花区 バイセクシュアル

yodogawa_09

彼女が事故にあった
私は親族じゃないから、連絡がこなかった

パートナーに何かあった時に、連絡が来るような仕組みがほしいな

40代 都島区 レズビアン

yodogawa_10

彼女とは結婚できないから、きょうだいで結婚していないのは私だけ
親の介護のために、私が退職するしかなかった

介護している人の中にもLGBTがいるって、知って欲しい

50代 福島区 レズビアン

 

以上の10点です。

このパネルは上から順に横に並べていくとレインボーのウェーブになる仕掛けがあるとのことなので、横に並べてみました。

wave_a

wave_b

 

wave_c02

絵柄が可愛いし、こういう細かい仕掛けが嬉しいですね。
実際にこのパネルが横に10枚並んでいるところを見たいものです。

様々なセクシャル・マイノリティの方とお話をさせていただく機会が増えれば増えるほど実感するのは、

セクシャル・マイノリティ同士でも他のセクシャリティのことは全く分からない

ということです。

だからこそ、こういう分かりやすい形で悩んでいることを見せてくれるのは、とてもありがたい取り組みだと思いました。
セクシャリティを問わず、子供から大人まで少しずつでも理解を深めていくことのきっかけになりうるアプローチ。淀川区から全国に広がっていくことを期待します。

■参照
全国初!LGBT(性的マイノリティ)の方々が抱える社会課題をまとめた啓発展示パネル完成!(大阪市淀川区ホームページ)

 

 

 

 

About itaru 24 Articles
元・月刊Gーmen編集長。LGBTQI(セクシャル・マイノリティ)に関わる様々な事柄を取材・分析して、誰でも分かりやすい平易な言葉でお伝えしていくことを使命と感じています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*